若手座談会 本気で仕事に向き合い、支え合う。8人の若手社員が語るスイレイの今。”本音”の座談会をお届けします。
井本

井本
プラントエンジニアリング部
2012年入社

入社前のイメージ、そして入社後のイメージの変化、入社したきっかけは?

井本
入社前にイメージしていたのは、水処理の会社ということで。技術のノウハウがメインで工事等は重きを置いていないというイメージ持っていました。実際に入社して、施工管理する立場になってからは長期間の出張も多く、大変だなと思うこともあります。
司会
海外もいかれました?
井本
マレーシアへ一人で行きました。
司会
一人で?若いのに凄いですね。
井本
(笑)
藤井

藤井
プラントエンジニアリング部
2014年入社

藤井
私の入社前のイメージは、かなり頭を使う技術あってなんぼの仕事だと思っていたのですが、入社してみて設備のメーカーという印象を受けてます。実際に工事現場に立ち会うことも多いということは想像していなかったですね。入社して仕事をやってみることで仕事の内容も面白く、教えてくれる上司の方も印象の良い方ばかりなので恵まれていると感じています。
司会
就職のときにスイレイという会社をどうやって知ったんですか?
藤井
運良く、合同説明会の時にスイレイという会社を知りました。会社説明会では社長と寺尾さんに会ったことで、大変明るい印象を抱き、入社を決めました。
寺尾

寺尾
プラントエンジニアリング部
2013年入社

司会
寺尾さんは設計されているということですが、最初どの部分に魅力を感じて応募されたんですか?
寺尾
まず就職活動のひとつのテーマとして、社会貢献をしたいということがありました。そのとき漠然とですが、社会貢献をするなら環境を良くすることに携わりたいということがあり、偶然、合同説明会でスイレイに出会ったということが入社したきっかけです。
司会
でもいろんな同じようなライバル企業があるし、大きな企業もあると思うんですけど、規模については何も思わなかったですか?
寺尾
就職活動しているときから大企業に目を向けておらず、中小企業で働きたいと思っていました。
司会
それはどうしてですか?
寺尾
会社の中で貢献度を感じたいということがあり、大きな組織の中にいるよりも、小規模な中で重要な仕事を任せられるほうが自分に向いているなと。
司会
それは現在叶っていますか?
寺尾
少数精鋭の会社ということもあり、それはまさに叶っています。
高梨

高梨
営業部
2014年入社

高梨
僕もずっと水処置の仕事に就きたいと思っていましたね。
司会
それはどうしてですか?
高梨
以前、大学のオープンキャンパスで、納豆菌による水の浄化という実験をやっていて、そこから水の浄化に興味を持ってからというもの、ずっと水に興味を持っていました。そうしたところ、偶然にも就職活動の時にスイレイに出会いました。第一印象は雰囲気が良さそうと感じましたね。就職説明会で始めて知り、「なんかのびのびできそうやな」という印象があって、そんな思いもあってか入社が決まりました。
司会
入ってみてどうでした?
高梨
予想どおりという感じで、あんまりイメージとは違いがなかったですね。
小口

小口
営業部 営業事務
2014年入社

小口
私は理系という訳ではなかったので、スイレイがどういう会社かというのは分かってなかったのですが、会社説明会で社長と寺尾さんの話を聞いて「皆、優しそうな会社だな」と思い、「この会社で働いたら楽しそうだな」とも感じました。面接を受けた際に、社長の話に感銘を受けたことも、入社したいと思った要因です。社長の「人を大事にする」という考え方に共感して、スイレイの仲間の一員になりたいと思いました。
吉田(総務)

吉田
総務部 経理
2014年入社

吉田(総務)
私は会長からの紹介で入社したので水処理の会社ということは知っていましたが、具体的なことは知りませんでした。入社前の印象は40年以上の歴史ある会社ということで大先輩が引っ張っていく会社で若手の人はそんなに大きな仕事をしないのかなと思っていたのですが、入社してみると井本さんをはじめ海外に出張に行ったりと、若手も大きな仕事を任せてもらっているので凄いと思います。
また社長が「お客様を大切に」という考えを持っているんですが、私も以前、接客業をしていたことがあり、その考えに共感しています。経理の業務をしているので直接はお会いすることはないのですが、「お客様に何ができるか」を経理なりに考えて日々努力しています。
吉田(営業事務)

吉田
営業部 営業事務
2015年入社

吉田(営業
事務)
私は派遣から入ったので、最初は水処理をしている会社ということは知りませんでした。社長と面談した時、印象がとても良かったことが入社したきっかけです。実際に入社してからも従業員のことを第一に考えてくれた、というエピソードがあります。ある時、私が「パソコンの勉強をしたい」と社長にお願いをした時、パソコン教室まで社長が付いてきてくれたことがありました。行ってみると個人運営の会社で、先生は男性、マンションの一室、で女性としては少し不安を覚える環境でした。そこで社長はすぐに対策をとってくれました。会社までパソコン教室の先生を招き、より経費がかさむのに、私の身の安全を考えてくれたということがあります。大手であれば従業員一人に対して、そこまですることは少ないと思います。その時に「この会社に入って良かったな」と思いましたね。
また、人のサポートをするのが好きということもあり、誰かのサポートをしたいと思い営業事務を選びました。
鬼頭

鬼頭
総務部 経理
2015年入社

鬼頭
私は派遣として会社名や水処理をしているということを聞かさせていませんでした。面接した時に水処理の会社ということを知りました。どんな内容の仕事をしているのか想像もつきませんでしたね。その時に会長も社長も「今いる従業員の方を大事にしていきたい」とおっしゃって、また環境に関わる仕事をしたいという思いもあったことで「この会社に入りたい」と思いました。実際に入社してみて本当に人を大事にしている会社だと感じています。

若手から見たスイレイの強みとは?

藤井
まず、お客様には、スイレイ全体の強みというより、スイレイの社員の強み、を感じて頂いていると思います。上司の大矢と現場に行くことがあるのですが、私が現場で失敗した時にフォローをしてくれます。実際にお客様から「大矢さんに教わっているなら大丈夫だね」という言葉を頂いたりすることもあります。「大矢」というキャラクターが定着しているというか、そうしたことがスイレイの先輩、それぞれにあると思いますね。百人力の先輩がたくさんいるので、それが強みだと思います。
司会
社員が強みなんですね。それは嬉しいですね。上司についていけば間違いないなと。
藤井
そうですね。やっぱりそういう上司のもとにいると自信も付いてきます。
司会
いいですね。尊敬できる上司のもとで働くというのは。
井本
私はいい意味でほったらかされています。私の上司は飯田ですが、「これやっといて」という感じで仕事を振られます。詳細が分からない時でも「自分で何とかしなきゃ」となって一生懸命になります。皆そうだと思うんですけど。
一同
(笑)
井本
分からないこともありますが、自分で考えなければどうしようもないので若手の成長率の速さは他の会社よりめちゃめちゃ早い。
司会
これやっといて、という指示にストレスは感じない?。
井本
「自分で何とかしなきゃ」という考え方で皆やっているので、これで大丈夫だと思います。
司会
マレーシアに出張に行かれてどうでしたか?
井本
海外は大変ですね...(笑)お客様は日本人なんですけど、施工してくれる人は現地の人です。
司会
意思疎通はどうでしたか?
井本
現地の方に、説明のための絵を書いて、日本語だと5分で終わることを、拙い英語で頑張って1時間くらい説明してやっと伝わるという感じ。スイレイはすぐにやってこいという会社なので、それは良いところだと思う。実践で勉強できる。それが強みだと思います。
司会
寺尾さんはどうですか?お客様から言われて強みを認識したりとか。
寺尾
私は設計の部署なので、お客様と接点があまりないため強みを伺う機会があまりないのですが、私が強みだと感じていることはチャレンジ精神が旺盛なところだと思います。海外案件、大型案件もそうですが、若手をどんどん現場にいかせ「海外で英語で説明してきて」といったように仕事を振られてチャレンジさせられる会社ですので、そうしたチャレンジ精神が強みに繋がっていると思います。
高梨
僕は営業でお客様と折衝をする時にスイレイの実績に強みを感じることがあります。お客様から「どんな実績があるの」と聞かれた時に、顧客の会社名を伝えると「そんなところもやっているんだ」という返答がくることも多くあり、そんなお客様の反応を見ているとそこまで幅広くやっているという事を実感して凄いと思いますね。自分もスイレイの社員として、まだまだ浅いため、お客様の反応で「そんなでかいところやっているんだ」と聞くとお客様と同じように感じてしまいます。上司に尋ねると「昔こういうことをやったんだよ」という話を聞くこともあり、スイレイの歴史を感じますね。
鬼頭
私はお客様と接点がほとんどなくて、まだ強みを分かっていないですが、チャレンジ精神はすごく感じます。研修もあり、現場にもすぐに行き肌で感じて覚えるんだなということが分かるため、それが強みになっていくんだなと感じています。
吉田(総務)
私も社内にいるため、お電話でしかお客様と話さないですが、若手が現場で力をつけていくところは強みになっていると思います。困ったときはフォローしてくれる先輩もいますね。
小口
社内にいると凄く頭の良い人が多いと思います。「どうにかしてやらなきゃ」ということで40年以上やってきた人たちがいて、多くの技術を持っていて、私には分からないことがまだまだ多いですが(笑)
技術を多く持っていることと、社員数が少なく皆仲がいいということもあって、技術を持っている先輩に若手でもすぐに質問できる。分からないことがあったら電話すると直ぐに教えてもらえるし、先輩が外出しているときでも電話すれば何でも教えてくれるため、とても助かっています。
吉田(営業
事務)
藤井さん、井本さんを見てるとすごくフットワークが軽いなと思います。「これやっといて」と言われ、最初びっくりした顔をしている時もあるんですけど(笑)そうしたことを自分で考えてこなすということで、どんどんやり切る知恵がついていくんだと思います。フットワークが軽くて良いですね。社内に人がいることが少ないため、皆が外に出ている時に何十回も電話で確認のやり取りをしたり、本当は迷惑かなと思いながらもずうずうしく電話しても普通に対応してくれるので皆、本当に優しいです。
座談会